女の人

ママと赤ちゃんに負担をかけない最新のフリースタイル分娩

このエントリーをはてなブックマークに追加

母体が楽で無理ない姿勢で

ベイビーと婦人

自分のお産は自分流に

近年、出産におけるバースプランを提出し、妊婦が自分の思う理想の出産のお手伝いをするという考え方の参院が増えています。妊娠して出産するという、女性にとってはかけがえのない思い出になる出産です。一般的な総合病院ではなく、自分の希望に沿ってくれる病院選びをすることもとても大切です。バースプランの中でも、分娩時にどういったスタイルで出産に臨むかも、妊婦にとって重要な事柄です。フリースタイル分娩は、そういった妊婦の希望に合わせた分娩を選ぶことができるスタイルです。通常であれば、分娩室には分娩台があり、妊婦はあおむけに横たわりますが、フリースタイル分娩を選ぶことで、自分が好きな姿勢で、楽な体勢で出産に臨むことが出来ます。

座るも四つん這いでもいい

フリースタイル分娩には、さまざまな体位があり、妊婦が楽な方法を選ぶことが出来ます。分娩台のように仰向けだけではなく、横向きの姿勢やしゃがんだ姿勢・四つん這い・スクワットのように膝を曲げる状態など、自分が楽だと思う姿勢でよいのです。妊婦主体で行うお産のため、妊婦の精神的余裕が保たれ、産後の回復や体力温存など、メリットが多くあります。フリースタイル分娩を扱う病院は、助産師がいる産院など、限られている場合があります。そういった場合、助産院での医療行為が行えない為、病院との連携が必要になります。出産は安全が第一です。緊急の時にあわてることなく、病院と助産院の連携をしっかりと取れる産院を選ぶことが重要です。

関連リンク

  • 安心してお産ができるオススメ助産院

    安心のサポート体制が魅力的。フリースタイル分娩を希望する方は、対応している医療機関を探すことが重要ですよ!

赤ちゃんや母体の健康促進

妊婦

妊婦の人は、毎日の食事に気を付けていく必要があります。赤ちゃんの健康的な成長のためにも、いつも以上に栄養を摂取していかなければいけないからです。妊婦の人に最適な食事内容は産婦人科で指導が行われているため、栄養の知識やレシピを参考にしていくことができます。

もっと詳しく

栄養を摂取するコツ

看護師

妊娠中で最も辛いのがつわりではないでしょうか。つわりにはビタミンB群やたんぱく質が有効で、バナナでビタミンB群を摂取するのがお勧めです。葉酸も妊娠中には必要な栄養素です。普段の食事に焼きのりやホウレンソウなど葉酸が豊富に含まれている食品を積極的に使用しましょう。

もっと詳しく

ミネラルの摂取のために

医者

妊娠中の女性は、ミネラルを十分に摂取する必要があります。そのため多くの女性が、天然由来のミネラルで作られた、アクティブライフの栄養補助食品を利用しています。粒タイプと粉末タイプとがあり、どちらも手軽に摂取できます。出産後の利用も効果的ですし、離乳食に混ぜることで赤ちゃんのミネラル不足も防止できます。

もっと詳しく